保険見直しについて~変わるライフステージインフォメーション~

定期的な見直し

生命保険や死亡保険などは基本的に加入者の社会的な属性に依存しています。しかし、社会的な属性はライフスタイルが変更するごとに変化していきます。定期的な保険の見直しが必要になってきます。


Read more »


自分に最適な保険選び

保険選びで大切なことは、自分に合った保険商品を選ぶことです。知人の紹介や保険会社の勧誘でなんとなく加入したという方からの保険相談が多く、自分に本当に適した保険なのかわからないといった声が聞かれます。


Read more »


保険トラブルの相談

近年、保険の種類は多種多様になってきています。同じ種類の保険でも、どの会社の保険かによって保険料や保証方法なども違っています。消費者にとって違いがわからない場合があり、自分にあった保険を選択することが難しいと感じる人は、保険相談を行うことで適切な保険を選ぶことができます。


Read more »


最近の保険窓口

保険に加入するときや保険の見直しをするとき、従来であれば保険の担当者が自宅に来たり、職場に来たりして保険の相談を行っていました。最近では保険相談専門店とインターネットでも保険の相談を行えるようになっています。


Read more »


見直しを相談する

保険見直しを相談依頼する

保険商品を選ぶなら、今一番売れていて人気のある商品がいいですか、それとも自分に必要な商品がいいですか、当然自分に必要な商品を選ぶべきです。保険見直しといっても、まず保険に入る前提条件があります。保険は、国の制度や現在勤めている会社の福利厚生といった制度で十分にまかなえるのです。年金や健康保険をたくさん払っているのですからそれを有効に使うべきです。その国の制度や企業の制度では準備できないものを民間の保険でカバーしようというのが、本来の保険の加入の条件になります。ほとんどの方は、国の制度や勤めている企業にどんな制度があるかをあまり考えず、民間の保険のことばかりに注目して選ぼうとしています。土台が違います。

保険の見直し収入保障や損失補てん

保険見直しで、考えるのは収入の保障、損失の補てん、損害の賠償です。収入の保証とは、もし亡くなった場合や働けなくなったときにその後の家族の生活をどうするかということです。収入保証のある保険に加入する前に保険見直しとしては、企業に遺族向けの給付金があるかどうかも確認が必要です。保険はずっと加入しておくものではなく卒業をするものです。たとえ高度障害になったり亡くなったとしても不動産収入が年2000万円あるのであれば保険に加入する必要はないです。保険見直しとは、リスクを発見してそれが予防できないのなら金融資産等で賄えないかどうか、金融資産等で無理なのであれば保険に移転する、これが保険見直しとなります。また、定年後などに東京などの都心部から栃木や群馬などの都心に比較的近い場所で田舎暮らしをする人が増えていますが、こういった生活区域や拠点が変わる場合にも、保険の見直しは必要になることがあります。ライフスタイルが変わるごとに、定期的な見直し相談を行うと良いです。

↑ PAGE TOP